お知らせ・最新情報

『烏梅』19号発行のお知らせ

19号
表紙絵/河本万里子

ごあいさつ

竹生島の鵜は横着にして初刷り   多映

地面に目を落とすと、落ち葉の隙間に帽子をかぶったどんぐりが沢山見られる時季にな
りました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。早朝の「寿長生の郷」の山歩きでは、土
を布団のようにかぶり頭を出すトノサマガエルと遭遇。植物も動物も、そして里山に住
む私たちも、越冬のための準備を始める頃なのだと改めて感じます。
今号の近江の台所は、「今津の柿」を取材しました。旬の今頃、小高い場所から見る一
面に広がる濃い橙色の柿畑は比良山系の山裾にあり、その向こうには琵琶湖、天気の良
い日は青空によく映え壮観です。私たちもこの美しい光景と栄養豊富な柿にならって、
心も身体も元気になる誌面づくりをめざしたいと思います。


2016年11月
                            株式会社叶匠壽庵
                            広報担当 池田典子

-目次-
■はなのおと 「セツブンソウ」
■近江の台所≪その19≫「今津の柿」
■スイートメモリー「ふる里の丁稚羊羹」
■琵琶湖の島≪その2≫「沖島」
■道・路・径 「紡」
■疏水がつなぐ琵琶湖と京都≪その3≫「琵琶湖疎水が高めた京都の価値」
■おおみたから≪冬≫「山はいのちの泉」

※『烏梅(うめ)』は6月、9月、11月、2月に発行いたします。
  購読ご希望の方は、下記HPからお申込みください。

お申込みはこちらから

 

ページの先頭へ戻る
限定販売商品
facebookはじめました
広報誌「烏梅」定期購読
ふわもちどら焼き 羽雲(はねぐも)
うわのそら