お知らせ・最新情報

『烏梅』24号発刊のお知らせ

24号
「肥後芍薬」 表紙絵/河本万里子



ごあいさつ

比良八荒湖はあまたの恋を沈め 多映

寒さの中にも春の兆しが感じられる頃となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょう
か。春先の花、梅とあわせて描かれることが多いのは鶯ですが、梅林の中で出会うのは
黄緑色の小さな目白。鶯は警戒心が強く、姿は見えないまま鳴き声だけが響き渡り、ま
だ若いのか上手ではないその声に微笑ましく感じながら、早春の山歩きを楽しみます。
今号の近江の台所は、「比叡ゆば」を取材しました。大豆と水といったシンプルな原料で
できますが、まろやかで優雅な味わいを出すには職人の穏やかな心が大事だと仰います。
そこに見られるコツと技。バリエーションが広がる食べ方にも目を見張るものがありま
す。そんなゆばにならい、純真な心磨く誌面づくりをめざしたいと思います。

2018年2月
                            株式会社叶匠壽庵
                            広報担当 池田典子

-目次-
■はなのおと 
■近江の台所≪その23≫「比叡ゆば」
■スイートメモリー「胡麻団子のひととき」
■琵琶湖と漁業≪その4≫「簗漁」
■道・路・径 「幸せな仕事」
■暮らしを守る琵琶湖≪その4≫「被害から考えた総合開発」
■おおみたから≪春≫「山はいのちの泉」

※『烏梅(うめ)』は6月、9月、11月、2月に発行いたします。
  購読ご希望の方は、下記HPからお申込みください。

お申込みはこちらから

 

ページの先頭へ戻る
お買い物のご案内
お買い物ガイド
のしと包装について
限定販売商品
facebookはじめました
広報誌「烏梅」定期購読
ふわもちどら焼き 羽雲(はねぐも)