お知らせ・最新情報

『烏梅』25号発刊のお知らせ

烏梅25号表紙
「花合歓」 表紙絵/河本万里子



ごあいさつ

夕立あと綺麗な足が垂れてゐる  多映

芒種の時季。しっとりとした空気の中で、深緑を楽しむ月に入りましたが皆さまいかが
お過ごしでしょうか。滋賀・近江といった自分たちの足元を考えようと始まったこの冊子。
一番身近な大石龍門の生活を知ろうと、今年から新しいプロジェクトが始まりました。時代と
共に変わりゆく里山の景色を、どのように守り続けていくのか。過去を知り、未来を築く。
菓子づくりの場として選んだこの地を約二年に渡り、調べ掲載します。
今号の近江の台所は、「大中のミニトマト」を取材しました。真っ赤でルビーのような珠。
糖度が高く口の中に入れた瞬間、その甘さに驚きます。湖だった干拓地で試行錯誤しながら
歴史を作る人々にならい、私たちも新たなコトを紡ぐ誌面づくりをめざします。

2018年6月
                            株式会社 叶 匠寿庵
                            広報担当 池田典子

-目次-
■さとのおと 
■近江の台所≪その24≫「大中のミニトマト」
■スイートメモリー「いなかのねずみ」
■琵琶湖へとつづく街道≪その1≫「矢橋道と東海道」
■道・路・径 「轍」
■大石龍門・里山ものがたり≪その1≫「企業による里山地域研究の始まり」
■おおみたから

※『烏梅(うめ)』は6月、9月、11月、2月に発行いたします。
  購読ご希望の方は、下記HPからお申込みください。

お申込みはこちらから

 

ページの先頭へ戻る
お買い物のご案内
お買い物ガイド
のしと包装について
限定販売商品
facebookはじめました
広報誌「烏梅」定期購読
ふわもちどら焼き 羽雲(はねぐも)