お知らせ・最新情報

『烏梅』29号発刊のお知らせ

広報誌29号表紙

「黄蜀葵」 表紙絵/河本万里子

 

ごあいさつ

鬼蓮(はちす)漕いで夢果たつところまで 多映

元号「令和」の幕開け、時代の区切りを感じる毎日ですが、皆さまいかがお過ごしです
か。典拠とされる万葉集が今注目されていますが、奇しくも小誌のタイトルも万葉仮名
から。そして梅の宴の序文からとのこと、寿長生の郷の梅林とイメージが重なります。
梅を擬人化して詠まれた歌の背景を想像し、気淑く風和らぐ時に浸りたいものです。
今回の近江の台所は「ブルーベリー」を取材しました。こだわりは、採りたての熟した
実が生で美味しく食べられるということ。手の感覚と色の見極めで収穫をする栽培方法
は、日本人ならではのきめ細やかな育て方だそうです。受粉させるミツバチも自ら可愛
がり育てるその取り組みにならい、細部まで丁寧な誌面づくりをめざしたいと思います。

2019年6月
                            株式会社 叶 匠寿庵
                            広報担当 池田典子

-目次-
■はなのおと 
■近江の台所≪その28≫「愛荘町のブルーベリー」
■スイートメモリー「諏訪まんじゅう」
■琵琶湖へとつづく街道≪その5≫「八風街道~近江と伊勢をつなぐ道」
■道・路・径「座右の銘」
■大石龍門・里山ものがたり≪その5≫「プロローグ―地域研究から学ぶ」
■おおみたから≪夏≫

※『烏梅(うめ)』は6月、9月、11月、2月に発行いたします。
  購読ご希望の方は、下記HPからお申込みください。

お申込みはこちらから

 

ページの先頭へ戻る
限定販売商品
facebookはじめました
広報誌「烏梅」定期購読
ふわもちどら焼き 羽雲(はねぐも)
うわのそら