店舗のご案内

ダイニング 叶 匠壽庵 大津サービスエリア(上り)店 メイン画像 ダイニング 叶 匠壽庵 大津サービスエリア(上り)店 メイン画像 ダイニング 叶 匠壽庵 大津サービスエリア(上り)店 メイン画像

ダイニング 叶 匠壽庵 大津サービスエリア(上り)店

琵琶湖を一望できる、贅沢なおもてなしの場

眼下に広がる琵琶湖の眺めをいかした新しい”おもてなしの場”として、ゆったりくつろぐことのできるレストランや、和菓子屋ならではの素材を使った甘味、叶 匠壽庵の和菓子などを満喫することができます。

地産地消にこだわった「近江牛」メニューなども取り揃えておりますので、旅の思い出にぜひお立ち寄りください。

お店の最新情報

お店のご案内

お食事(レストラン)(平日 10:00~21:00/土日祝 10:00~21:30)

叶 匠壽庵 近江牛メニュー

ダイニング叶 匠壽庵の近江牛メニューは、料理長が肉を見極め、料理に合う部位を厳選しております。
滋賀の自然と畜産家の愛情が作り出す近江牛をぜひご賞味ください。

近江牛 すきなべ膳(うどん付き)
2,450円(税込)
すきなべに合う赤身と脂身のバランスの取れた近江牛を使用。
自家製の割り下の甘辛い香りが食欲をそそります。
近江牛 すきなべ膳 画像
近江牛 陶板焼き膳
2,250円(税込)
バターの風味がアクセントの陶板焼き。新鮮な野菜と極上の近江牛を蒸し焼きでお召し上がりください。
ポン酢との相性も抜群です。
近江牛 陶板焼き膳 画像
近江牛ひつまぶし膳
1,580円(税込)
近江牛をタレであぶり焼きにし、ご飯の上にのせました。まずそのままで召しあがっていただき、次に薬味をのせて、最後はお出汁をかけてお茶漬け風に。
近江牛ひつまぶし膳 画像
近江牛カレーうどん
1,180円(税込)
近江牛をたっぷり使った男性女性問わず人気のメニュー。
近江牛と絶妙なスパイスがコクと旨味を引き立てます。
カレーうどん 画像

お食事

近江地卵の親子丼
980円(税込)
親子丼
ロースカツ丼
1,280円(税込)
カツ丼
ロースかつ膳
1,380円(税込)
ロースかつ膳
梅昆布うどん
680円(税込)
梅昆布うどん
天ざるうどん
1,450円(税込)
天ざるうどん
近江牛カレー
1,550円(税込)
近江牛カレー

甘味処(平日 11:00~19:00/土日祝 11:00~19:00)

ぜんざい

ぜんざい

972円(税込)

白玉あずき

白玉あずき

864円(税込)

あんみつ

あんみつ

864円(税込)

抹茶パフェ

抹茶パフェ

864円(税込)

銘菓とお抹茶

和菓子セット

648円(税込)

テイクアウト(平日 10:00~18:00/土日祝 9:00~18:00)

バニラワッフルソフト
バニラワッフルソフト
500円(税込)
抹茶ワッフルソフト
抹茶ワッフルソフト
500円(税込)
CREMIA クレミア
クレミアソフト
500円(税込)

和菓子の販売(平日/土日祝 9:00~20:00)

ここでしかお求めいただけない限定商品の販売もございます。また、生菓子も販売しております。

車石
1個 270円(税込)
車石
あっさり風味豊かな近江小豆をふんだんに使い、
口当たりのよい錦玉羹で包み込みました。
車の轍を刻んだ京~近江ゆかりの「車石」にちなんだお菓子です。
松葉に見立てた柚子を添えました。
限定販売商品

代表銘菓「あも」

代表銘菓「あも」

1棹 1,188円(税込)
2棹(箱入り) 2,592円(税込)

自慢の小豆を丹精こめてふっくらと炊き上げ、
やわらかな求肥と合わせ極上の棹菓子に仕上げました。

ご来店案内

ダイニング 叶 匠壽庵 大津サービスエリア(上り)店

住所 〒520-0052
滋賀県大津市朝日が丘2丁目8-1
名神高速道路 大津SA
  営業時間 レストラン:
平日 10:00~21:00/土日祝 10:00~21:30
和菓子の販売:
平日/土日祝 9:00~20:00
テイクアウト:
平日 10:00~18:00/土日祝 9:00~18:00
電話番号 077-510-2770   定休日 なし
ページの先頭へ戻る

店舗のご案内

  • 長等総本店
  • 哲学の径 京都茶室棟
  • ダイニング 叶 匠壽庵大津サービスエリア(上り)店
  • 寿長生の郷内 菓子売場
  • 草津店
  • 新丸の内店
  • 石山寺店
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町店

カフェ 叶 匠壽庵

  • 長浜黒壁店

百貨店内茶房のご案内

  • 茶房 叶 匠壽庵 高島屋日本橋店
  • 茶房 叶 匠壽庵 松坂屋名古屋本店
  • 宝塚阪急 あずき房
お買い物のご案内
お買い物ガイド
のしと包装について
限定販売商品
facebookはじめました
広報誌「烏梅」定期購読